職場の体験談

本を仕分けるお仕事

私は今までいろんな派遣のお仕事をしてきましたが、本の仕分け のお仕事をしていたこともあります。これは大体3ヶ月くらいの期間 で、時給が870円でしたね。 そしてその内容はというと、結構大きな倉庫の中にボックスのよう なものがたくさん置いてあって、それである程度の行き先ごとに分 かれて本が流れてきて、それを細かく行き先ごとに分けていくとい うお仕事でした。 初めは中々慣れませんでしたし、それにかなりの速さで本が流れ てくるので少しでも気を抜いているとボックスの中が満タンになって 溢れそうになってしまいます。そうなると「おいおい・・」という雰囲気 になってしまいますから、溜まらないようにしようと必死でしたね。 でも少し慣れてくると、何となくペースが分かってきますので楽しく なってきました。行き先ごとに分けた段ボールを見るたびに、何か 凄く達成感も感じられましたしね。 そしてこの仕事では、休まずに行くと精勤手当てが毎月6000円 出るんですよ。これはかなり大きいですから嬉しかったです。 短期の仕事ではありましたが貴重な経験もできて良かったなと思 いますね。

派遣先でのつながり

もうだいぶ前に派遣会社から紹介されて請け負ったお仕事。 4日間くらいの短期の仕事で、朝10時〜17時まで、時給は1000円。交通費の支給はありません。 それでも、高齢者の健康診断情報を入力していくという、作業的には簡単な内容でしたので、自分的には不満もありませんでした。男性、女性、身長、体重、既往症など、いくつか入力していくうちに該当する番号を覚えていくので、「男性」は「1」、とか「糖尿病」と記載があったら「4」とかいちいち用紙を確認しなくてもブラインドタッチで入力出来ました。 元々入力作業は好きでしたのでサクサクひたすら入力。 私的には真面目に作業しているスピードでの入力だったのですが、派遣先の担当者の女性が「早いのね。前の子はもっと遅かったの。時給2000円も払っているだから、あなた位のスピードあった方がありがたいわ」と言ってきました。私は時給1000円で請け負ってます。差額は?派遣会社の売り上げです。そこでの業務が完了した時、女性から連絡先を聴かれました。「派遣会社を通さず、今度は直接頼みたい。その方があなたももっと時給があがるし、悪い話ではないでしょう?」と。もちろん有り難く連絡先をお伝えしました。半年後、女性から連絡をいただき、依頼されましたが、運悪く別の仕事を請け負っていたのでお断りしてしまいました。 派遣会社から提示される時給で仕事への姿勢を変えている人もいますが、やはりどんな時給でも、請け負った仕事は出来るだけ全力で取り組むべきだと思いました。いつ、どこでそれが自分に繋がるかわかりませんからね。

人材派遣会社の上手な使い方については「人材派遣会社登録おすすめ活用ガイド」を見るとかなりの情報量で掲載されています。

私のハケン日記

派遣はちょっと高価なアルバイトという感じです。 以前3カ月、月曜日から金曜日まで、事務の派遣をしたことがあります。 事務は、庶務事務でした。 みんなのお弁当を頼んだり、必要な事務備品を発注したり。 目新しいのは最初だけで、そのうちに単調な毎日に飽きてくるようになりました。 やりがいはなく、毎日ネットサーフィンの一日です。 派遣でできた友達は、一番忙しい部署にまわされてしまい、「派遣のやる仕事じゃないよ!」と、私と反対の不満をもっていました。 同じ派遣でも差が出てしまいます。 また給料は同じ17万でした。 「なにか仕事がありますか?」と忙しそうにしている正社員の方に聞いても、 「あ…(名札を見て派遣を確認してから)いいよ。座ってて」と、明らかに差別した対応をとられてしまうのが悲しかったです。 派遣がイヤと、後日正社員になった友達でしたが、最近また派遣の仕事を始めています。 理由は、正社員の仕事は派遣と給料が変わりないのに、責任だけが重くてつらかったといいます。 様々な派遣の職場があるので、きちんと下調べしてから今度また派遣にチャレンジしようと思っています。

後にも先にも一度きり

派遣切りがあって以来、派遣の法律も改正されてきましたが、派遣会社が一世を風靡しているような時期に一度だけ 派遣会社で働いたことがあります。 すでに派遣会社で働いていた友人が、契約が終了するのでほかの派遣会社に行くので、一緒に行かない、と誘ってくれました。私は体調を崩し、仕事を変わらざるを得なかったので、それならと一緒に面接へ行きました。 面接官は、見るからにその筋の方たちで、 せめて仕事は普通の仕事だろうと期待して 工場見学へ。 仕事は電気部品の製造加工などで、日給が8,000円でした。福利厚生などもきちんとあるのですが、賞与はありません。そのような条件で働くことになりました。 きれいで働きやすいと思い、通い始めたのですが 女性が多く、正社員と派遣社員の間には溝があることを 初めて知りました。 派遣社員は賞与がない分、正社員よりも 1か月の給料がいいらしいのです。 言うまでもなく、嫌がらせが始まりました。 かといって、派遣会社の社長でもある面接官に 相談するのも恐ろしく、速やかにやめることを決意。 電話で、その旨を伝えるときも、約1時間ほどの 話し合いは正直、漏らしてしまいそうなくらい怖かったです。 もう、この派遣会社はありませんが、 派遣会社は人の入れ替わりが激しい理由がよくわかりました。

中学時代の職業体験

"私は中学生の頃、学校の授業のいっかんとして職業体験をしました。
私が体験したのはあるレストランでの接客でした。
初めてのことでどきどきしながら体験したのを覚えています。
そこの店長さんをはじめ、パートの方からもやさしく接していただきましたし、貴重な体験が出来ました。
私はこの職業体験を通して、働くこととはどういうものかを学びました。
私はその頃漠然とお金を稼ぐためにするだけだと思っていました。しかし、やっていくとお客様から「ありがとう」などと言ってもらえる事もあり、ほかの人との接点の場でもあるのだと思いました。
この体験を期に接客業に興味を持ち、今ではその職業についています。
このような体験をさしてくれた学校、またレストランの方にはとても感謝しています。

私はこういった職業体験はもっと授業に取り入れていったほうがいいと思います。
若いうちにいろいろな体験を出来ることはその人にとってとてもためになるものですし、働くということの意味を知る上でとても重要になってくると思います。
学校関係者の方には是非このような機会を増やしていってもらいたいです。

ウェイトレスさん

"特にこれといった能力がなくても誰でも簡単にできる仕事に、飲食店での仕事がありますよね。

厨房で働くには経験や能力がある程度必要かもしれませんが、よほどのうっかりさんでもないかぎり、ウェイトレスやウェイターの仕事はつとまります。
高級フランス料理なんかだと、テーブルマナーや何だとややこしい事情もあるのですが、本来ウェイターやウェイトレスの仕事は注文を聞いて料理を運ぶのが主な仕事、簡単です。
でもお客の立場になってみると、もうちょっとなんとかならないの?と思うようなウェイトレスさん、少なくないですね。
まず仏頂面でにこりともしない人、いますよね。
あんまり不機嫌なので、悩み事でもあるのか聞いてみたくなるほどです。
「給料が安くって忙しい」
なんて答えが返ってきそうですが、それならもっと給料がもらえる仕事の資格でもとったら?と言いたくなりますね。
なかには笑顔で接客し、スピーディーなのに仕事も丁寧な人もいます。
多少料理がまずくても悪い印象は残らないですよね。
同じ働くなら、楽しく食事してもらえるような仕事がしたいものです。
人間ですから、いつも上機嫌ってわけにはいきませんが、仕事は仕事。どんな仕事でも誇りを持ちたいものです。

土日休み、羨ましいです

"私はずっと平日休みの仕事をしています。

平日休みの利点は

まず、どのお店も道路も比較的すいています。
なので買い物に行くにはとても快適です。

どこかに泊まるとなっても
ホテルなどの宿泊施設は利用しやすく、

旅行なども混んでいるときに
でくわしたことはいまだありません。

いきたいお店の予約も取りやすいので
平日休みは結構いいと思います。

しかし、考え始めたら
悪いこともあるように思えます。

まず、周りが休日、土日休みばかりだと
本当に予定が合いません。

無理に合わせようとするならば
土曜日の夜など。。

自分は次の日仕事で辛いですが
みんなとあう時間帯はそこしかありません。

そして世間は3連休だの、
ゴールデンウィークだったり

平日が休みになり、
連休が取れるかもしれませんが、

土日の休みは返上されないので、
全く関係なく日々は続きます。

土日休みは土日が確実に固定で休みなので
予定をあわせやすいですが

平日が休みの場合はどこかの曜日が休みなだけで
固定ではない場合も少なくありません。

そうなって来ると予定が立てにくくなります。

良いも悪いもありますが、
自分がしたい仕事をしたらいいかなと思います

++ 記事一覧 ++

営業系

オフィス系

イベント系

デジタル系

販売系

軽作業、配送系

製造系

フード系

サービス系

教育系

医療、福祉系

その他、専門職

職場トラブル